心身に溜まった世の中の嫌な毒をデトックスしましょう。


by jinsei-detox

<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

  東京バレエ団の斉藤友佳理の「ラ・シルフィード」を9年ぶりに観た。僕は彼女の踊りに凄みを感じた。。
  「ラ・シルフィード」というバレエの演目はロマンチックバレエの最高峰に数えられる作品であることはバレエ通なら誰でも知っていることだが、彼女くらいにこの作品を輝かせるバレエリーナはいない。
  この作品は妖精がスコットランドの若者ジェームス(許嫁のある)に横恋慕して死んでいく物語といえば実も蓋もない話に聞こえるが、これがすごいバレエという表現ジャンルの奥深さをまじまじと感じる構造になっている。
  僕もスコットランドに行ったことは何度もあるが、実はスコットランドは妖精の国としても文学通には知られているところである。妖精ではないけど、シェークスピアの「マクベス」にも出てくる魔法使いのお婆さんたちも妖精の仲間といえば仲間だ。その妖精ラ・シルフィールドは許嫁のいる若者に恋をしてしまう。若者には妖精が見えるが婚約者には見えない。でも婚約者は何となく感じるものがある。この関係がバレエのパドゥドゥ(男女ペア)そしてパドトロア(男と二人の女)の踊りで表現されるのだが、その斉藤友佳理の踊りが白眉なのである。恋しい男に思いを寄せる心情が、妖気迫る女の業のようなものとして感じられるのだ。その姿が切なく、愛しくて僕は泣いてしまったのである。9年前の話である。バレエで泣くなんて信じられない。
 能で井筒という夢幻能があるが、このシテを今は亡き宝生流の高橋進が演じていたのを観たことがあるが、この井筒という女性も恋しい男を思い詰めて自分がその男の衣服をまとい男を舞うという能である。このときも感動のあまり泣いてしまったが、僕は斉藤友佳理にあの夢幻能を思い起こさせてしまった。
  その妖精のいじらしさを30代半ばの女性が少女のように舞うのである。まさに斉藤友佳理のバレエは舞うという言葉がふさわしいのだった。
日本の舞は巫女が狂信する際に旋回する姿が本質であるとされているのだが、斎藤のラ シルフィードはその舞に近いと感じられるのだ。
  さてこの物語の若者は狂うまでに手に入れたい妖精を魔法使いの教え通りに捕獲すると妖精は一瞬にしていのちを失ってしまうという悲劇をもっている。許嫁も病死し、一度に宝をなくしてしまう若者の姿に僕らはいろんな暗喩を感じ取れるのである。若者を愛していた許嫁も横恋慕した妖精にもいとおしさを感じながらため息このバレエの奥行きの深さに感動したのだった。   
[PR]
by jinsei-detox | 2007-06-30 23:19
  朝の通勤電車の事故で苛立った人々はどのくらいいるだろう。架線が切断したというのだ。
 毎月曜日になると事故が起き、必ずと言っていいほど電車が遅れることに慣れてしまった私たちの生活慣習は情けないほどにアジア的になってしまったといっていい。別にアジア的であることに卑下することもないかもしれないが、明治以来、西洋化を目指した勤勉な生産的努力と生活倫理のうえに私たちの日本があったことは塗れもない事実である。その倫理的基盤がいま本当にガタがきているのだ。国鉄時代であれば保線区があり、昼夜、線路や電線に異常を来さないように管理体制が敷かれ、職員は誇りをもって職務を果たしていたことを親父たちから聞かされていた。その仕組みが生産効率を求める結果、外注化の道をたどり始めてこのような現状になってきたことは火を見るより明らかである。
  もう電車の中でイライラ。よくまあ暴動が起きないものだと感心するのだ。我が日本人たちに。
 話は逸れるが、この日本人をテーマに松本人志が「大日本人」を作ったというから、先日観に出かけたが、もうガックリである。だいたいに彼の芸に一度も面白みを感じたことがなかったからさほどの期待はしていなかったが、モチーフをとぼけることにより、衒学しているのだ。(ああ笑っちゃう!)彼が映画のリアリティを知っているからだろうか、作劇に嘘がないかわりに、肝心の訴求性がなにもないというのが「大日本人」のつまらなさであり、喰えない映画なのである。
  話は戻る。その夜なぜかジャズが聴きたくなって、久しぶりに上野のジャズ倶楽部に出かけたのだった。河村英樹のテナーサックス、ベースが山口裕之、ドラムが大井澄東というトリオが演奏していた。どういう訳か新宿以上に上野の方がジャズが似合うと昔から僕は思っていた。土の匂いがするのか、芸大があるせいか、あるいは上野の寛永寺で幕末の純粋なというか無謀なというか世界認識のない彰義隊が官軍に立ち向かった歴史的土地のせいなのかよくわからないけど、そのゴチャゴチャがジャズに似合っているのかもしれない。
 その夜はバーボンとジャズに酔い、終電車で帰ったのだが、なんとその電車が朝の事故の煽りをうけて1時間以上も遅れながら大宮に着いたのだ。駅の構内はタクシーを待つ人々の行列が延々と並んでいるのだった。大人しく忍耐強くタクシーを待つわが同胞に投げかける言葉も出てこない。僕はタクシー代を出せとJRに交渉したが勘弁してくださいと断られたのである。一職員に噛みついたところで仕方がないことぐらいわかっていてもこの憤懣はどう誰に投げたらいいのだろう。
[PR]
by jinsei-detox | 2007-06-25 00:13

バスを眺めて

  最近都内を走るバスを見るとなんとなく滅入ってくる。なかなか香港でもお目にかかれないようなセンスのない広告を見せつけられるからだ。バスのボディにデカデカと広告が描かれ、街の風景に調和が取れないものが多いのだ。実にセンスのないものが多く、美しくない。この広告は石原都知事のアイディアで都の財政難を回復するために、広告収入を得ようと実施されたのだが、石原都知事は走るバスを見てどう思っているのだろうか?僕は石原都知事はある意味では評価している人間だが、こればかりはいただけない。
 バスをそんな風にしたと思ったら今度はJRの電車の車体に広告がべったりと書かれるようになってしまった。私鉄もやり出した。勘弁してくれよ。格好悪くなければいいんだ。楽しいものであれば。もしこれらを続けるしかないというなら広告デザイナーももっと考えて欲しいものだ。
イタリアとかフランスの町に走る車にしゃれたデザインを全面的に描いたものを見たことがあるけど、もっとあると思うけどね。
 日本の街の風景に融合するようなあるいはもっとポップなものにするとか、江戸趣味をテーマに広告との調和を図るデザインするとか、子どもたちに絵を描かせるとか、もっと楽しいものにしてほしいのだよ。もう目障りなのだ。
 石原都知事は築地の魚河岸までなくそうとしている。江戸文化の発祥の地とも言える魚河岸をよそに持っていくなんぞ、いったいどういうつもりか。もっとも彼がかんがえたのじゃないということだが、いくら財政的にあの土地がうまいものとして映ったとしても江戸文化に理解あることを言っていた男がストップをかけてもいいんじゃないだろうか。築地で仕事をしている知人がいっていたけど、あの築地のお店は移転するとほとんど廃業しなければならなくなるという。ある程度の資産と売り上げがない店は移転できないのだそうだ。銀座の隣にあるあの一等地を狙いを定めて画策していた連中がいるということだ。
 バスを眺めて築地のことを想ってしまった。
[PR]
by jinsei-detox | 2007-06-19 18:38
  山手線の恵比寿駅のプラットホームに立つと、「第3の男」のメロディーが流れる。発車間際の数秒間だ。この曲を聴くといつもあの映画とともにあの頃のことを思い出す。
  戦後の荒廃したウィーンの街、闇にスポットライトされるオーソンウエルズの顔、銀杏並木を毅然と歩くアリダ・ヴァリ、たばこを加えながら無視されるジョセフ・コットン、流れるアントン・カラスのチターのテーマ曲。監督はキャロル・リード、映画の教科書といったのは淀川長治さんだった。僕がこの映画を初めて観たのは上京して1年目あたりだったから18才くらいだ。確か新宿の映画館だった。大人の憎い映画だなという感想を持った。
  あのラストシーンには本当にしびれたものだ。あの頃は映画監督になりたいという夢で映画のハシゴを毎日していたっけ。いろいろあったけど、映画を観ているときは幸福だった。
  そんな頃の甘くて切なくい時代のことが恵比寿のホームに立つと頭をよぎるのだ。
  だけどどうして恵比寿なんだろうか。この駅とあの曲がどう関係があるのだろう?恵比寿はエビスビールしか思い浮かばないのだけど、当時の駅長さんがあの映画のファンだったのだろうか。
  駅の発車メロディというと、高田馬場駅の「鉄腕アトム」、水道橋駅の「闘魂こめて」品川駅の「鉄道唱歌」、蒲田駅の「蒲田行進曲」などを思い出すことが出来る。駅ごとに異なっているようだけど、みんな流れているとは限らないようだ。上野駅なんてあったかな?まさか「ああ上野駅」だったりして。こんどじっくりと聞いてみるか。
[PR]
by jinsei-detox | 2007-06-17 15:21

なんと芽が出た

  こんな感動は久々だ。それは昨年僕がハワイのゴルフ場で拾ってきた木の実のことだ。
  なんの木かわからないけど大きな木で黄色い花が咲いていた。その木の下にクルミ大の実が落ちていた。またもう一つの実はエンドウ豆のようなもの。もう何種類かあったけど、忘れてしまった。拾ったのはゴルフのプレイの最中であったからちょっとしたいたずら心だった。
  僕はハワイを訪れる度に島の花々に心を奪われる。そんな花を自宅の植木鉢で咲かせてみたいと思うことがあった。ハワイ土産もハイビスカスとか椰子の実とかプルメリアとかの花の挿し木などがあった。
  でも拾った実が実際のところ芽を出すとは思わなかったのだ。子どもの頃さまざまな果物の種を土に植えて楽しみに待っていた経験があったが、一度たりと芽など出したことはなかった。  もっとも今度の種の植え方は固い殻を割って、植木鉢に観葉植物の土を入れ、水をたっぷりあげ、日の当たる庭に置いてあげたのだ。毎日水をたっぷりと注いであげた。毎日毎日植木鉢を覗いたが芽は出てこない。やはりだめだなと思っている矢先、3週間くらいだっただろうかなんと、土を盛り上げて枝豆のようなグリーンの種が殻を破って姿を現したのだ。2日もすると根がしっかりと張っていた。いやあ、嬉しいものである。
  どんな花が咲くのだろうか。どんな木に成長するのだろうか、楽しみである。
ハワイで拾った実が花を咲かすのだ。花が咲いたら植物図鑑で調べてみよう。
[PR]
by jinsei-detox | 2007-06-11 01:07