心身に溜まった世の中の嫌な毒をデトックスしましょう。


by jinsei-detox

<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

どんぐりころころ

  朝、犬の散歩をするのが僕の一日の始まり。家の近くの雑木林にでかけ、眼下に広がる見沼田んぼの風景を見るのがとても心地いい。今はコスモスの花ざかり。三反ばかりの畑に薄桃色に煙るように咲いているコスモスが僕の気持ちをやさしくしてくれる。
雑木林のなかも秋がいっぱいだ。ドングリがあちこちにたくさん転がっている。ときどき雨のようにパラパラと頭に落ちてくることもある。樹が実を遠くにはじくのだ。

どんぐりころころ どんぶりこ 
小池にはまってさあ大変 
ドジョウがでてきてこんにちは 
坊っちゃん一緒にあそびましょ

 子どもはどうしてドングリが好きなんだろう。息子もよくポケットいっぱいに拾ってきたものだ。でもドングリで特別なにか遊んだということもはないようだ。ときどき、こどもの部屋の隅からドングリを見つけることがあるが、ビー玉のように遊び道具にならないからいつか関心ごとの外に置かれたしまったのだろう。でも林でドングリを見かけると、かならず拾うのは不思議な習性だ。きっと人類のDNAに組み込まれているのかも知れない。昔食べ物に危機感を持っていた頃、ドングリを摺ってその粉を食べていた記憶があるからだろうか。

どんぐりころころ よろこんで
しばらくいっしょに 遊んだが
やっぱりおやまが恋しいと
泣いてはドジョウを困らせた

 おやまが恋しいからといって帰れるわけじゃないのにドジョウを困らせるのがおかしい。宿命に逆らおうとして泣いている。まさか大正時代の新兵さんに身をたとえているわけでもなさそうだ。子どもに歌って聞かせる歌としてはどんなつもりの内容だったのだろうか。 
この童謡は作詞が青木存義(ながよし)作曲が「城ヶ島の雨」で有名な梁田貞だそうである。大正十年「かわいい唱歌」に発表された歌だという。
  実に変な歌だけど、かわいい歌にちがいない。
  雑木林を散歩する度に、どんぐりを拾い、息子たちの小さかった頃を懐かしむ朝であった。
 
[PR]
by jinsei-detox | 2007-10-25 16:13
  いつだったか亀田三兄弟とそのオヤジさんのことを書いたことがあった。勝負は時の運。そのことをプロの男なら十分知っているはずだ。それを自戒し、子どもたちを諫めることがオヤジの役割なはずだというようなことを言った覚えがある。僕がぶつぶつ言ったところでなにがどうなるものでもないのだが。
 このところタイトルマッチで反則行為のあった大毅と亀田一家がマスコミの中で猛烈な批判を浴びている。みのもんたの朝ズバをはじめとして、お茶の間ワイドショーでコメンテーターがしたり顔で彼らの態度や行為を弾劾している。観ていて、腹が立ってくる。論旨はだいたいスポーツの精神に反しているだとか、あの家族は家族愛ではなく崩壊家族だとか、人間的に修行が足らないとか。強ければいいってものではないとか。
 いやいや、みんなご立派なことをのたもうのだった。このマスコミのバッシングはいったなんなのだ!ついこの前までおもしろおかしく彼ら一家のパフォーマンスを視聴率稼ぎに利用していたものが、こんどは寄って集って、亀田一家を正義のみ旗の下で断罪しているのだ。まったくなんという奴らだ!
 僕は天の邪鬼のせいか、もうなにがなんでも彼ら一家の味方になろうと思う。あんなに基本のしっかりした才能のある子どもたちを絶対に潰してはならないのだ。
 僕がこんなことをいったところでなにもならないが、アントニオ猪木がどこかで発言していた。オヤジのもとを去ってアメリカあたりでひとりで修行してこいと。まったく同感だ!才能のある子を伸ばしてやらなくてはならない。マスコミとは才能のある子を潰すところだと自戒しなければならないのだ。ほんとうにあいつらにかかると骨の髄までしゃぶられて駄目にされる。ゴルフの石川遼君もアメリカに行けばいい。もっともっと一人で鍛えられる場所で勉強した方が賢明なのだ。
 そもそもボクシングなどは日本では相撲と同じく的屋やヤクザが仕切る興業の世界にあったのだ。いわゆる闇の支配が昼の論理とはことなった異形な光彩を放つからこそ、僕らは憧れと怖さの混じった視線でそれを堪能するのだ。
 相撲協会やボクシング協会が昔から我々市民の世界と異なった理屈で存在していたことは分かり切ったことなのだ。それをいまさら市民の論理の中に晒してクリーンなものを求めようとすることがナンセンスなのだ。
 土俵は女が上れないものとしている伝統世界にそれはおかしいと言い出すのに似ている。
 スポーツだって芸能の世界なのですよ。それをクリーンな世界と嘘を固めるからおかしなことになってくるわけだ。
  亀田大毅よ。ここは踏ん張りどころだ。じっと我慢して、日本を飛び出せ!力のないオイラが応援するからな。
[PR]
by jinsei-detox | 2007-10-19 19:39