心身に溜まった世の中の嫌な毒をデトックスしましょう。


by jinsei-detox

<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

石垣島はもう夏

 石垣島はすっかり梅雨も上がり、日差しは夏そのものでした。空港からクルマで40分くらいのところに取材先のリゾートヴィラはありました。ツインのベッドが一棟というぜいたくなヴィラが5棟というこじんまりしたプチホテルです。
 オーナの山中さんは和歌山で美容室とエステを大きく経営している青年実業家。彼は石垣島および離島の写真集も出版しているほどの写真マニアでもあります。
 このヴィラの近くの海辺はマングローブや南東独特の林が防風林の役割を兼ねており、自然環境としては申し分のないものでした。
 珊瑚のかけらが打ち上げられた浜辺には台湾から漂流してきたと思われるペットボトルや日常品の数々も打ち上げられています。270キロもいけば台湾だといいます。
 沖縄や八重山諸島はたしかに南国であり、文化的にもヤポネシアと位置づける風土を感じるものです。
 夕食をとった後、裏の浜辺に散歩としゃれこむと、満月が煌々とかがやいており、星星の輝きがかすむほど。月の明るさがこれほどあかるいものだったかとしみじみと感じさせてくれました。
 この泊まったヴィラはエステなど癒しをテーマに作られており、施設感覚も女性のおしゃれ感覚に訴えているようです。そのぶん僕みたいな中年のおっさんにはちょっと恥ずかしくもあり、泡盛をくらって朦朧とするしかないようです。
 いま沖縄は観光地として経済的に発展しているのだろうが、僕なんかにはやはり、本土防衛のために犠牲を担わされた島という風に意識づけされているので、ついつい「悲劇の島」というフィルターで物事を見てしまいがちです。でも泡盛を飲んでしまえば沖縄三味線の旋律でそんな意識もなくなり、月の光のそこでグウーグウー高いびきです。
こんど沖縄の離島をじっくりと見て回りたいという思いが募ってきています。
沖縄は日本人のふるさとでもあるわけですからね。d0093506_13204560.jpg
[PR]
by jinsei-detox | 2008-06-22 13:25

森の中のパン屋さん

 先日、仕事で福島の猪苗代町のとあるパン屋さんを訪ねてきました。このパン屋さんは山の中にあり、ハーブが売り物のハーブヒルコテージ・達沢森の石窯パンといいます。このお店の主が奈良岡しのぶさんといって、コンサートを中心に活動をしている歌手でもあるのです。彼女がこの土地にやってきてこのお店を開いたのは17年前にもなります。
 へえーこんなところによくパン屋さんなんか出したものだと呆れるくらいの田舎の山の中です。
 彼女がここにやってきたのは、東京で歌手暮らしをづっと続けていたものの、スランプに陥って疲れていたんでしょう。なにか歌のほかに夢中になれるものはないかなあと探して見つけたのがハーブ栽培だったという。
 イギリスの田舎にあるような窓を開けたらハーブが見えるようなコテージに住みたいという乙女チックな夢をかなえられたらというのが最初の動機だったみたいです。
 たしかにお店はハーブ畑の中にあり、イギリス風な瀟洒は建物になっていますが、結構年季を感じさせる風格があります。なにしろここに来て17年が過ぎているのです。当初は当然ながら商売になるわけもなく、彼女はひたすら東京で歌を歌い稼いできては、店に補充するとうサイクルで成り立っていたようです。それとこの土地は冬の雪の量がはんぱじゃない。東京育ちの彼女にしたら泣きたいような暮らしぶりだったという。だけど、なんだかんだありながらいまでは、このお店のパンを買いにいろんなところからお客さんがやってくるという。
 お店ではハーブ料理とハーブティもごちそうになれるのです。パンもおいしかったけど、ハーブティっていいものですね。d0093506_20303269.jpg


 なにごとも泣き言を言わず自分の夢を実現しようという強い意志があればことは達成するものだということをか細い彼女から教えてもらいました。
[PR]
by jinsei-detox | 2008-06-17 21:12