心身に溜まった世の中の嫌な毒をデトックスしましょう。


by jinsei-detox

<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

下の息子を誘って「山本五十六―戦後70年目の真実」を観た。
 山本五十六は我が郷里の偉人であり、我らの母校の大先輩でもある。
 母校の講堂で僕らの剣道部と柔道部は稽古を行なっていたのだが、この講堂には河井継之助と山本五十六の肖像画が飾られていて、僕らは出入りのたびに一礼をしたものである。
 山本五十六については子どものころから、彼は戦争に反対した人であるが、やもうえず戦うなら短期決戦で講和に持ち込みたいと願っていた人であると聞かされていたものだった。
 映画の原作は半藤一利という人で、文芸春秋社の編集長や役員をしていた歴史評論家である。彼は子供のころ長岡に疎開していたことがあり、そのせいで山本五十六びいきであることは知っていた。
 僕も仕事でお会いしたことがあった。
 映画には長岡のことが沢山でていた。五十六が唄う長岡甚句にはついほろりと来た。
 まあそのような入れ込みがあったせいで僕は胸熱くして観たのだった。

 「つまらなかったな」観た後の息子の開口一番だった。
 「そうか、詰まらなかったか」
 「中途半端だったもの」
 「確かにドラマとしては、人を引き込ませるストーリーではなかったし、エンターテイメント性に欠けるものがあったかもな」
 「海軍内の対立している問題もよくわからなかったし、日本の社会状況も新聞記者のマスコミだけで済ませているようなところがあって、なんなのかよくわからなかった。それになんで山本五十六がラバウルからブーゲンビリアにみんなから反対されているのに出かけて行ったの?自決だったら無責任じゃないの?」
 確かに山本五十六は死を覚悟して出かけたとされているが、あれが責任のとり方だとしたら無責任といわれるのだろうか。
 歴史にはたらればはないのだが、映画にも出てくる南雲一忠中将の不可解な行動がなければ、山本五十六の思い描く戦争になれたのかもしれなかった。海軍の中の派閥や思想の違いが無念な歴史となったことを映画も描いていた。
 それにしても映画館の中は中年や高齢者のひとたちだけだった。若い人が見当たらなかったことが残念だった。
「観るわけないよ。つまらないものあの映画は」
 息子はそう言って肩をすくめた。
 
[PR]
by jinsei-detox | 2011-12-24 23:43

雪降る長岡へ

 一昨日、田舎の母がかかっている病院にでかけ、担当の医師に挨拶かたがた症状とこれからの対応を聞いてきた。
  雪が降り、積もり始めていた。この降る雪を眺めていると、長岡だなと溜息まじりの灌漑にふけってしまうのはいつものことだ。
  手術はやってほしくないと再度確認をしてきた。本人も絶対受けたくないといっている。医師は貧血が続くと体が弱ってくるのが怖いと説明してくれたが
  87歳の高齢者で手術を受けることに反対する医師たちも多いと聞く。たとえガンであろうとも。
 夜中母の寝顔を見て、昼間見ている顔とあまりにも違うのに驚いてしまった。こんなにも歳をとっていたのかと。
 名古屋で取材した久野接骨医院で入手したクノンボールで足の筋肉をつけるようにいう。
 痛い足をかばって全く外にでないことで、足の筋肉がまったく衰えてしまっているようだ。なんとか筋肉をつけないと。
 歳をとるということはほんとうに体のいたるところが駄目になってくるのだということがひしひしと感じる。
 
[PR]
by jinsei-detox | 2011-12-18 22:36
早いものです。もう12月も半ば。通勤時の銀杏の並木もすっかりと黄色く色づき、その葉が道路を敷き詰めています。
 昨日のウォーキングのときも大宮の参道の大きな欅の並木から、枯れ葉が雪のように舞い落ちていました。
(ウォーキングはあれから土日は家にいるときには必ず1時間半は歩いています。おかげで2キロくらい減量しました。)
 大宮の氷川神社の参道には露天のお店が、ほんとうにびっくりするくらいに出ていて、十日市の名の通り
人出で賑わっておりました。以前にもこの市のことに触れたこともあったとおもうけど、昔は近郷近在の人たちの
娯楽だったのでしょう。植木や婦人用の呉服ものもあります。
 また商売繁盛の八つ手も売られており、歩くにも困難なほどの人出です。
 おそらく参道のお店は100店はくだらないでしょう。さすがに以前見られた鯉の切り身や生きた鯉は売られて
いませんでしたが、昔ながらの露店は日本の風景です。こういう風景はいつまで続くのでしょうか?
 神社があるかぎり存続するものなのでしょうか?
 日本列島に異民族が大勢入居するような時代になったらなくなるのは当たり前でしょうが、形を
変えてこういうで店は残るような気がします。
 その頃の風景を眺めてみてみたいですね。
[PR]
by jinsei-detox | 2011-12-11 13:51