心身に溜まった世の中の嫌な毒をデトックスしましょう。


by jinsei-detox

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 とにかく寒さが身にしみます。とてもじゃないけど、ゴルフなどとてもやりたいと思う気になりません。
 そのかわり土日は基本的にウォーキングにいそしんでいます。
 見沼用水沿いの道をてくてく歩いてさいたま新都心までやく1時間。だいた8千歩くらいでしょうか?
 うっすらと汗をかきますので、新都心のトイレでシャツを着替えるわけです。
 それにしても新都心は若い人で一杯です。ここにはmoevixも紀伊國屋もいろいろなお店が沢山あり
 ショッピングできるわけです。
 帰りは電車で帰ることもあれば、再び今度は大宮の氷川神社の参道をたどって帰ることもあります。
 先日の日曜日はi-podのイヤホンから音楽を聴きながら歩いたのですが、これが意外に新鮮で、そろそろ
 風景にも飽きてきた僕には、新しい刺激になりました。
 その日聴いたのは、ビリージョエル、ガガ、マイケル・ジャクソン・マラーの「巨人」
 歩調に合う曲とちょっと合わない曲が当然ありますが、ビリージョエルなどはとても歩きやすかったですね。
 ジャズも少しだけ聴いてみましたが、まったくだめです。早く帰ってスコッチを飲みたい気分になるからでした。
 
[PR]
by jinsei-detox | 2012-01-31 15:14 | 健康

おお!イタリア

  しかし、驚きましたねえ。なにがってイタリアの地中海客船の事故での船長の行動がです。
 報道されていることが、本当かどうかよくわからないけど、船長が乗客より先に逃げ出すなんて、信じられない
 ことです。さすがイタリア人っていうと、失礼に当たるような気もするけど、やっぱりなあという感じです。
 海軍の厳しい規律や国際法を英国から日本海軍は学んだのだけど、イタリアという国はそういうシーマンシップというのがなかったのかしら?まさかそんなことはないだろうけど、これは全世界的なモラルはザードの現れなのかも知れないね。
 日本だって警察の失態が多すぎるし、おまけに監獄の管理も杜撰なようだし、防衛大臣は防衛に素人だからと
 恥ずかし気もなくのたまうのだから、ほんとうにこの国はと思っていたら、イタ公おまえもかって言うところか。
 でも船長と管理側のやりとりで笑わせてくれたのが、船長に船に戻れと命令したのに対して、船長が「暗くて見えないから」と答えたのも笑わせたが、「暗くて家に帰りたくなったのか!」と当局側の長が突っ込んでいたが、あれは科白としてもおかしかったな。
 日本人にはあの場面では絶対出てこないセリフです。ほんとうにああいうところに言葉のセンスというのがあらわれるのだなあと感心した次第です。
[PR]
by jinsei-detox | 2012-01-18 19:54

新しい年がやってきた

新しい年がやってきた。いつも今年こそはと思いつつ、毎年、同じようなため息をつき、そして新たな決意で臨むのである。
 今年は会社の方ものんびりと構えて入られない状態になっている。それこそ背水の陣で臨むしかない。
 
 それにしても日本の経済状態のひどさを「略奪国家」ジェームス・スキナーによれば、あと国家破綻まで4年しかないという。もう救いようのない状態なのにいまだ国債を出してさらに、借金まみれになっているのだ。
 マスコミはギリシャをはじめヨーロッパの金融危機の話をするが、自国のコトに関しては向こうの影響は大きいなどという他人事で済ませているのだから呆れてしまう。
 どうしたらいいんだろう…

 お正月を郷里で過ごしたものだから、ウォーキングを中断してしまった。なぜなら雪の中を長靴でするわけにもいかないからね。しかし雪国の生活というのはまったくたいへんなものなのだ。
[PR]
by jinsei-detox | 2012-01-05 19:50