心身に溜まった世の中の嫌な毒をデトックスしましょう。


by jinsei-detox

<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 先日1月17日の夜、モスクワボリショイ劇場の芸術監督セルゲイ・フィーリンが内部関係者によって強酸性の液体をかけられ大けがをさせられたというニュースがバレエファンの間に飛び交った。幸い数度の手術によって失明は避けられたようだというのが唯一のほっとする伝聞だった。
 聞いた話に寄ればフィーリンはボリショイ劇場の従来の制度を改革していこうとする旗手だったらしい。つまり伝統的なバレエの興業の仕組みからダンサーの起用の仕方も変えていこうということを考えていたらしい。そこには外部からのダンサーの起用であったり、ダンサー構成員の序列を飛び越えての起用や演目の打ち出しかたなどがあるだろう。当然そこには従来の秩序を変えたくない人もいただろうし、恨みを持つものも出てきたには違いない。
 ロシアバレエはいまボリショイ劇場だけでなく、マリンスキーも、ミハイロフスキー劇場も大きく従来のあり方では成り立たなくなっているようで、そこにさまざまな組織の葛藤があるようだ。たとえばボリショイからサラフォーノフやワシリーエフという超スターを引き抜いたミハイロフスキー劇場はナチョ・ドアウトという人気振付家を招いて全面的に話題性のあるバレエ団に変身させた。これも経営者がお金にものをいわせたからだといわれている。で、スターをいろいろ連れてくるのはいいのだが、従来いたバレエ団員の待遇をないがしろにしたり若手の出番のチャンスがなくなってくるという現実も当然現出しだしてきているのだ。
 なぜこのような問題が大きく露出してきたかといえば、大胆にいえばソビエト時代のバレエという安定した組織の成り立ちが現ロシアになって消滅したからだ。つまり国家が全面的に面倒をみなくなったということもあるのだろう。かつてバレエダンサーといえば花形の職業で、年金も保証され待遇も保証されていたのだ。
 当然ダンサーの生活はスターは除くとして、厳しい現実を強いられてきたようだ。
 息子の話では9年間バレエ学校で修練したダンサーの給与よりもマクドナルドの新人店員の給与の方が上まわっているという店員募集のポスターをある日、見て愕然としたという。

 だからこの悲劇の裏にはただの妬みや僻みというような単純なものではなく、ロシア国家のひずみの一部として見なければならないのだと思う。

 今日の読売新聞記事にはバレエファンは失望の内にこの知らせを聞いたと書いてあるが、ロシアバレエ界の崩壊の一端にこの事件の深層を見なければならないのだ。とにかく絢爛と花開いたロシアバレエの担い手たちが自分たちの磨いた技術を朽ちることなく存在していくことを願うのみである。
 しかし無責任な言い方になるがこれからはロシアバレエから目が離せなくなるようだ。
 





 
[PR]
by jinsei-detox | 2013-01-31 17:33 | 文化
大島渚監督が一昨日亡くなった。そのことをいろんなテレビ局が報じているが、どれもこれも同じような内容で際だったものがない。もともとテレビ報道に期待する方がバカなのだが、もう少し本気でとりかかろうとする人がいてもよさそうなんだけどねえ。
 というのも僕は大島渚の映画の猛烈なファンだったからだ。
「日本春歌考」「新宿泥棒日記」「少年」「絞首刑」「儀式」などに胸を躍らせたものだ。特に「新宿泥棒日記」は映画を作りたいオッさんたちの匂いがむんむんしていて、こちらも早く自分もそんな仲間になりたいと思ったものだった。そうそう「愛のコリーダ」や「戦場のクリスマス」も後年になったが楽しませてもらった。
 いつも思っていたことだが、大島渚は話題作りにとても長けていると思った。いやでも注目させられてしまうテーマをその時代に作るのがうまいのだ。そういう映画はやはりヒットした。
 いつだったか僕が映画を志していたころ、確か「儀式」という映画の感想を言い合う会があり、ゲストの監督に「君のような発言を期待していたのだ」と同意されたことがあった。いまでも覚えているのは僕が大島組に参加させてほしいようなことを申し出たときにちゃんと金を取れるような腕になってやってこいと言われたことがあった。
つまり1本立ちして俺のところに来いと断られたのである。いつかいつかと思ううちに今になってしまった。
 残念だった。僕の情熱とエネルギーが足りなかったのである。大島渚の作るような映画を作りたかった…。
 
[PR]
by jinsei-detox | 2013-01-17 19:30 | 文化

大雪の後遺症

14日に関東でも大雪となり、このまま降り続いたら都心の機能は壊滅かと思えるほどのものでした。
それでもさすがに、夜になると雪は止み、辺り一面の銀世界。雪明かりで夜の底がぼっーと明るいのも幻想的でした。しかし、この日は成人式でみんな大変だったろうなと同情する。
 僕もクルマで買い物に出かけようと思って車庫からクルマを出したものの、この雪はチェーンを巻かないとやばいと思い直し、バックしたのだが道路に出るまでが若干のスロープになっているため、雪に足を取られ空回りで戻れなくなってしまったのだ。息子を呼んで雪かきをするつもりだったのだが、長年使っていなかったスコップがすぐに壊れてしまいアウト。いやいや参りました。仕方なくガレージから夏のすだれを何枚も持ち出してきて雪の上に敷いてスタートを切るがやはり空回り。いやいやほんとうに困った。さてどうしようかと思っていたら隣家の家の老夫婦が出てきてスコップで雪かきをしてくれたのだった。地獄に仏とはこのことだ。
 僕と息子は恐縮しきって一緒に雪かきをはじめてようやくクルマを車庫に戻すことが出来たのでした。
 ちょっと関東の雪を小馬鹿にしていたのが、まずかったと反省したものです。
 近所の道路も雪道を馬鹿にしていた(無知なのかも)連中が上り坂をスリップして、上れず渋滞のもとをつくっていたものです。
 
 そして翌日がこれまた大変。道路が凍結して路面がアイスバーンになっていてとてもチェーンのないクルマは走行は無理。自転車など余計に危険であることがわかる。仕方なくそこの頑丈な靴を履いて歩いて出社。それでも凍った道路はほんとうに転倒しそうで怖いものでした。
 僕らは雪対策というものをまったくしていないので、哀れなほど雪にはひ弱な状態であることをやはり認識しておかなければならないとやはり反省したものです。

 
[PR]
by jinsei-detox | 2013-01-16 09:39
2013年です。いま長岡から帰ってきたばかりですが、こちらのお天気のよいこと!
 暮れから大雪ではないにしろ向こうは雪が積もって、雪かきをやっていました。いまでこそ通りに消雪パイプから水が噴射され、車もおおかた走れるようになっているが、やはりちょっとした路地に入ればなんとももって昔ながらの風景だ。
 ところでこの消雪パイプに自分の家の車を道路に出すために、家の周りの雪を道路に放り投げる風景が昔にはなかったものだ。それから雪国の街の人々の精神が雪国らしからぬものに変わってしまったのを感じてしまった。
 昨夜の夜、友達といっぱいやるために長岡の中心街の大手通りを歩いたのだが、なんと交差点を渡るところの通り道の雪を掻いてないのだ。つまり朝から誰も雪かきをしていなかったということになる。いくら街の中心街が空洞化したとはいえ大手通の雪がそのままであるなんてことは信じられないことなのだ。昔だったら商店街の商人たちが当然のごとく通りやすくしていたはず。もう商人たちはいないのか、みんな通いでお店にやってくるからからなのか。それにしても長岡の商人たちのあきれ果てたマナーには日本の気概のない精神と同期しているように思われるのだ。
 つまり商店街の人々の気概があの消雪パイプに取って代わられて、雪国の暮らしの文化までもぐちゃぐちゃ路同様にとかされてしまったのかもしれない。
 曇天の空を仰いで舞い落ちる雪を見ながらそんなことを感じているのでした。
 
[PR]
by jinsei-detox | 2013-01-03 15:54 | 社会