心身に溜まった世の中の嫌な毒をデトックスしましょう。


by jinsei-detox

<   2013年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日頃あまり小説というのは読まなかったけれど、秋も深まったせいかなにげなく読んだ小説がとても
いい時間をつくってくれたので、少し最近は小説めいている。
 まずよかったのは松家仁之さんの「火山のふもとで」という小説。若い建築家たちの話で、静謐な時間のなかに
作者の繊細な筆遣いがほんとうに新鮮でいて、しかも安心して物語に委ねることができるのだ。これがデビュー作というのだから恐れ入った。といっても作者は新潮社で長いこと小説部門の編集者をやっていて、きっとそこで
文体というものをずっと考えてきた人なのだろう。軽井沢の森の中や別荘で仕事をしたり、遊んだりする時間の細やかさに共感でき、作者の感受性に清潔な森の中の空気のような爽やかさを感じたものだ。そしてその感覚に影響を受けたい気にさせられた。
 
[PR]
by jinsei-detox | 2013-11-28 20:37 | 文化