心身に溜まった世の中の嫌な毒をデトックスしましょう。


by jinsei-detox

<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ワールドカップが始まっている。ご存じのように日本はコートジボワールに負け、ギリシャと引き分けになり
ほとんど決勝リーグに行くのは絶望的なところにきている。
 朝方実況があり、多くの日本人が2戦とも見ており、ため息だらけの朝になっていた。
それにしても不思議なのは、なぜ日本人はあの負け方に腹を立てて怒りまくらないのだろうか?
ブラジルまでいったサポータたちはなぜ怒りを爆発させないのだろうか?高いお金と時間を費やしていったのになんだこのざまは!と怒ってもいいんじゃないのか)スタジアムのゴミ拾いで世界から称賛されたようだけど、それはそれですごいことだと思うけど、仕方ないよな、次は頑張れよというような声が
ほとんどのようだ。
 この現象がどうも腑に落ちないのだ。そこまで日本人は大人になってきたのか、それとも日本人全体が悟り世代のようになり済ますことになったのだろうか。あるいはマザーシップというか母性型な国民性になったのだろうか。
 試合ぶりを見てみても、素人ながらどうも迫力のない、つまらない展開だった。なにか本能的な動きというか
神がかったやつが一人もいないというのがいないのだ。
 国が高齢化社会に突入するにあたって、若い人たちもそれにならって、なにかおとなしくなってきているのだろうか……
[PR]
by jinsei-detox | 2014-06-21 16:51 | 社会
 土曜日に3泊4日の強行的スケジュールでフィリピンへの取材を行ってきました。ココナツオイルの取材でセントトマス大学のクリスティーナ教授ら3人にインタビューです。僕は英語ができないので通訳付きです。
それにしても比国というのは英語が公用語になっていてどんな人でもだいたい喋るんですね。
僕は英語で何かを喋ろうとすると頭の中が幼児レベルにダウンしてしまうので本当に情けない思いをいつも
しているのです。
 まあそれはそうと、マニラの街にはほとんど老人というものを見なかったけど、訊いたらなんでも平均年齢が25、6歳だとか!ほんとうに若い人だらけなんで驚いたのなんの。
 東南アジアは多くの国がそのようだとか。まったく日本の超高齢化がいよいよ恐ろしい問題になってきます。
高齢化で頭がボケるだけでなく、今の日本の状態もそんな風な状態になりつつあるのではないでしょうか。
フィリピン人の看護師を受け入れる制度をあえて難しい問題を作り、入れさせないようにする看護協会だとか、集団自衛権でまだ平和ぼけの状態から抜け出せないマスコミや野党政党とか…いやほんとうに日本の国はこの先どうなっていくのでしょうか。
 韓国も中国もフィリピンからいいとこ取りをしっかりとしていって、日本人はいつまでも技術大国のような気になっているだけみたいです。
 最初に英語の話をしましたが、実は英語を話せないビジネスマンは商社マンは別にして、どうやら日本人だけみたいで、これは日本の英語教育がほんとうにまずいということなんです。
いまは小学校から英語の時間が作られたようですが、英語を話せない先生が教師では本気ではないということでしょう。
 まあかように日本のあらゆる制度が保身しか考えない官僚と政治家たちが誤魔化しだらけの政策でいたずらに朽ちていくだけなのでしょう。
[PR]
by jinsei-detox | 2014-06-16 23:27 | 社会