心身に溜まった世の中の嫌な毒をデトックスしましょう。


by jinsei-detox

<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

御嶽山が怒っている

 世間はいまこのときとばかりに朝日新聞を批判し、反省を迫っているのだが、おそらくマスコミそのものが隔靴掻痒という面は否めないようだ。朝日新聞はなにしろ正義の味方だったのだ。高校野球を牛耳り、文化を先導し、政治を反日し、とにかくスーパエリートだったのだ。僕も頭がよければきっと大学時代に入社希望をしていただろうな。入社してどこか部の記者になり正義のために執筆していただろう。とにかく反権力を表現したら正義なのだ。
反権力は反国家であり、反日なのである。冷戦も終焉し、世の中がより複雑化したにもかかわらず反国家なのだからなにも見えていないと同じなのである。
 イスラム国に対しての洞察を拝聴したいものだ。これは冗談で言っているわけではなく、どういう世界の読み方をしているのか知りたいと思うのだ。しかし、朝日新聞を購入するのがしゃくに障るので、タイミングよく読むことは難しいようだ。
 
 大相撲を久しぶりにわくわくして観た。凄いねあのモンゴルの怪力力士、なんていったけ、そうそう、いちのじょうとかいったぞ。192センチ199キロ。強いのなんのって昔来電という相撲取りがいたが、あんな感じだったんじゃないかな。(見てきたような嘘を言う)とにかくこれからの相撲が楽しみになったのは間違いない。やはり芸能はスターが生まれないと面白くないのだな。
御嶽山が怒っている。大勢の人が犠牲になってしまったが、怒るのは無理もない。
[PR]
by jinsei-detox | 2014-09-29 19:52 | 文化
 もう9月も半ばを過ぎました。朝晩は過ごしやすくなったというより、少し肌寒いような感じです。なんだかいつもの夏より早く来ている来ているみたい。なんとなく寂しいですね。
 最近とにかくむかむかしていることがあります。朝日新聞の態度です。昔から僕は朝日新聞などを含める新聞の記事など信用していなかったけど、例の「原発の取材」「従軍慰安婦」の記事を訂正するかに見せて、自己保身に長けるその嘘寒い処世術には呆れかえってしまうのだった。
 とにかく反日というより反政府、反国家という旗頭をあげることが幼児的な根拠になっている。それだけならまだしも彼らの正義感というものを徹底的に検証するという知的な頭脳がないようなのだ。あるのは平和という名の下に集まる利権を食いあさっているえげつない社風があるのみだ。
 あんな新聞社は解体したほうがいいのだ。読売、毎日、産経だって五〇歩百歩だろう。
 戦争を賛歌していたくせに敗戦と同時に反日に代わる身の速さは天下一品。こうい新聞社のもとで書かれる記事に多くの国民が正義感を募らせるより所だと思っていたのだからふーっつだよな。
 朝日新聞で働いているヒトは今頃どんな風に感じているんだろうな……
[PR]
by jinsei-detox | 2014-09-11 20:25 | 社会