人気ブログランキング |

心身に溜まった世の中の嫌な毒をデトックスしましょう。


by jinsei-detox

小津映画はおもしろいなあ

ようやく春めいた空気になったようです。とにかく寒い冬でした。
 最近僕は小津安二郎のDVDを立て続けに観ています。著作権がきれたのか9本で1980円という安さで購入できたからです。東京物語、麦秋、晩春、父ありき、風の中の牝鶏、一人息子、戸田家の兄妹、お茶漬けの味、長屋紳士録などが入っています。
 戦前の古い映画も入っており、フィルムに傷がついていたり、音響が聞き取りづらいところがあったりで、少々鑑賞しにくいところもありますが、おおよそ小津の映画の基本が提出されていて納得のいくものになっています。
 映画には戦前、戦後すぐの日本人が描かれいるのですが、その姿というべきか生き方がとても懐かしく感じられるのです。そしてなんといっても、原節子の笑顔の魅力はいまでも溜息がでるくらいに素敵なのです。昔の女学生気質とでも言っていいのか、汚れていない生き方が感じられます。
 それから笠智衆のなんともいえないせりふ回しは演技というものを意識させない不思議な力があります。
 若いころから父親役とか爺さん役をこなせるのも実に不思議な役者なのです。彼は老人の真似をしないで
老人を演じることができるのです。(ちなみに今NHKの朝ドラ『カーネーション」ば主人公のばあさん役を演じている夏樹マリの演技はその意味で典型的な駄目なそれなんですね)
 笠智衆の演技の意味を知っていたからこそ小津監督は彼を使い続けたのでしょう。

 それにしてもあの映画の中にいた俳優たちはほとんどがもうこの世にはいない。(原節子がまだ存命でいらっしゃるかな?)みんな歳をとり死んで行くんだなということを強く思ってしまった。

それにしても原節子はなぜ結婚しなかったのだろうか?
きれいで 品格があって、明るくて、少しさみしそうで優しそうで、もう言うことなしの女優。
永遠の乙女は結婚なんかしてはいけないのだろうな。


小津安二郎の映画を観て、いまドラマチックな作品は観たくないような気持ちになっている。
彼の作品をもっと突き詰めたらおもしろいものが見えるのだろうな。
by jinsei-detox | 2012-03-31 00:45 | 文化