心身に溜まった世の中の嫌な毒をデトックスしましょう。


by jinsei-detox

「海賊と呼ばれた男」を読んだ感動とは

 ロシア旅行の行き帰りで百田尚樹の「海賊と呼ばれた男」という小説を読んだ。出光佐三の伝記的小説だ。
この小説は大ベストセラーとして現在も売れているという。フィクションの奇想天外の面白さがあるわけでもなし
村上春樹的現代小説の匂いがあるわけでもない。言ってみれば一人の男の頑固なまでに骨の通った生き方を描いた垢抜けない作品なのだ。それが現代人の心に響いたのだ。
著者が作品を書く動機を語っている。


【著者コメント】
二年前のある日、テレビ関係の友人と雑談している時、「日章丸事件って知ってる?」と訊かれました。知らないと答える私に、彼女が概要を説明してくれたのですが、それは俄かには信じられない事件でした。いまだ戦争の痛手から立ち直れないでいた昭和28年、「七人の魔女」と呼ばれる強大な力を持つ国際石油メジャーと大英帝国を敵に回して、堂々と渡り合い、世界をあっと言わせた「日章丸」というタンカーがあったというのです。
興味を抱いた私は早速調べてみましたが、事件の全貌を知るにつれ、驚愕すると同時に震えが止まらなくなりました。そこには現代の日本人が忘れかけている「勇気」「誇り」「闘志」そして「義」の心を持った男たちの姿があったからです。しかしそれ以上に私を驚かせたことがありました。それは、そんな男たちを率いた一人の気骨ある経営者の人生です。その九十五年の生涯はまさしく凄絶としか言いようのないものでした。
――なんという凄い男がいたんや!
私は「この男を書きたい!」と心から思いました。いや――書かねばならない!この素晴らしい男を一人でも多くの日本人に知ってもらいたい!それが作家としての使命だ。
気が付けば、取り憑かれたようにワープロに向かっていました。小説家になって六年、執筆しながらこれほどの充実感を覚えたことはありません。
この作品は「小説」という形を取っていますが、登場人物はすべて実在しました。そしてここに描かれた出来事は本当にあったことです。この奇跡のような英雄たちの物語が、一人でも多くの日本人に届くことを心から願っています。

いや僕も驚いた。敗戦後はみんな米国にキン00を抜かれた男たちが民主主義というパンツをはいて生きてきたんだろうと思っていた。しかしこの本を読んでこういう人がいたことに改めて尊敬の念を感じたのだ。「思い込んだら命がけ」という言葉があるがまさしく出光佐三はそのように生きた人だったことを知った。この男の生き方に僕ら日本人は驚くと同時に、嬉しさが込み上げてきたのだ。
 この本のヒットの土壌は己のためにではなく、共同体のため、日本のためと本気で信じられる男への共感にちがいない。
 それにしても出光興産の店主(社長とは呼ばない)出光佐三をこういう人だったのか今頃知る僕の知識も
恥ずかしいものだ。本当にしらないことが一杯である。






[PR]
by jinsei-detox | 2014-01-27 19:43 | 文化